物損事故

何もないと思っていた物損事故でも入間郡下呂山町前久保のまえくぼ接骨院で回復を目指す

物損事故は誰も怪我をしていない状況を指しますが、あとから痛みが出てしまうケースもあります。入間郡下呂山町前久保のまえくぼ接骨院では、早期回復を目指すためにもできるだけ早い施術スタートをお勧めしています。

「物損事故の定義は誰も怪我をしていないこと」

自動車事故の中で、物損事故と呼ばれるものがあります。
簡単に言えば、自動車は事故を起こしたことによって破損してしまったけれども、誰も怪我をしていない状況ということを指すと考えるといいでしょう。

ですが、自動車が破損してしまうような状況では、体にも大きな衝撃が加わっているのが当然です。
物損事故になったからといって、人間が絶対に無傷であるというわけでもなかったりします。
あとから痛み出してしまうケースも多くみられることなのです。
入間郡下呂山町前久保のまえくぼ接骨院では、こうした物損事故になってしまったような状況の事故であっても施術を進めていくことができます。

「事故後に保険を使っての施術も可能」

自動車という大きな塊がぶつかった場合、その瞬間は痛みを感じていなくても、実は大きな衝撃を受けていることは間違いありません。
入間郡下呂山町前久保のまえくぼ接骨院の場合では、物損事故となってしまったような場合には、任意保険を使っての治療を進めていくこともできます。

こうした事故は、どうしても痛みを我慢してしまうケースが少なくありません。
ところが、我慢をすればするほど、回復までにかかる時間は長くなってしまい、その分だけ苦しみが長続きすることになるのです。
だからこそ、入間郡下呂山町前久保のまえくぼ接骨院では、物損事故であっても早めに施術の開始をお勧めしています。
ひどい場合には、後遺症として残り日常生活にも支障が出てしまうこともありますので、スタートはできるだけ早くすることが大切なのです。

当院へのアクセス情報

まえくぼ接骨院

所在地〒350-0442 埼玉県入間郡毛呂山町前久保623-36
駐車場6台+砂利1台あり
電話番号049-298-6761
休診日土曜日午後、日曜、祝祭日
院長志村 将人